読売新聞様にご紹介いただきました「大阪府と医師会、自宅療養の往診を強化…診療所がチームで健康観察」

大阪府と府医師会(茂松茂人会長)は、新型コロナウイルスの感染拡大で急増する自宅療養者への往診体制を強化する。自宅療養者が特に多い大阪市内では、診療所による往診チームをつくり、近く健康観察などを始める。症状が悪化した際は早期入院につなげるなど、重症化を防ぐ役割が期待される。